October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« April 2005 | Main | July 2005 »

2005.05.30

PCリカバリーソフト

これまでPCのリカバリーは苦もなかったが、最近はリカバリー後のアプリケーションの処理が苦痛になってきたので、PCリカバリーソフトを導入することにしたのである。

VAIOにはシマンテックのソフトを入れたが、起動時間が長くイライラするのでアンインストール、ソフトは捨ててしまった。

BUFFLOの160HDD外付けにAcronicsLEという簡易バックアップソフトがバンドルされているので、これを2台のPCに使うことにしたのであるが、Ver. upのメッセージが度々出るので、それなら最初からVer. up版を使うかと欲を出して買ったのだつまずきの元であった。

やはり一筋縄ではいかない事が分かった。突然HDDのパーテーションサイズが、半分以下になってしまって、参った。取説を読んでも復旧の説明はなかったので、ソフトをアンインストールすれば、元に戻るかと実行したが、HDDのパーテーションサイズは戻らなかったのである。

パーテーションの復旧というコマンドがあるのだが、これを実行しても元にはもどららかったのである。サポートへ電話を入れたところ、割合早くつながり解決方法をアドバイスして頂きHDDの総容量では戻ったが、パーテーションが、幾つも増えてしまった。でも良かった。取り敢えず、バンドルの簡易バックアップソフトを(一部制約はあるが)、これを使う事にしたのである。

㈱プロトン:サポートの男性の応対は大変良かった。

2005.05.20

やはりExcelは使いにくい

諸般の事情によりExcelの勉強を始めたが、やはりExcelはlotus123に比べて使い難いことが分かった。

まず罫線の引き方、lotus123なら、時を選ばず、罫線を入れることが出来るのだ。現在日経パソコンでExcelの勉強を始めた。表計算の仕組みについては大体わかるので今lotus123で作っている表計算をExcelで作っているのだが、罫線を入れ方が不明だった。Excelの罫線の引き方に"罫は格子→外枠→その他と引く"とある。

その前の説明で、罫線を引いた後で表の構造を変更すると、罫線が崩れて修正が面倒になることが多いとあるが、lotus123では、このような心配は全くないのである。

lotus123なら、セル1個でも自由自在に罫線とを引く事も削除する事も簡単に出来るのである。プリントもプリビューで範囲を決め、後はプリンタで用紙の設定を行うだけで、フレキシブルにプリント可能なのである。

セルの保護、解除も、雲泥の差、lotus123の場合は、セル 1個でも、保護、解除が、表の作成段階で何時でも
出来るので、とても便利なのである。Excelは、page全体の保護か解除なので、計算式を途中で保護する事が出来ないのでとても不便なのである。

私は仕事でとても複雑な表計算をやっている。また会社の都合でしょっちゅう表計算の内容が変更になるのだが、その都度罫線を引いた表の構造も計算式も簡単に変更している。

"罫線を引いた後で表の構造を変更すると、罫線が崩れて修正が面倒になることが多い"これでは使い難くて
しかたないと私は思うのである。

私も年なので、そろそろ引退を考え、次の方へバトンタッチできるようにExcelで今の仕事を置き換えようと実行しているのだが、現金出納帳においては全く不可とわかった次第である。

その他の表計算もこのように罫線を引いた後での構造の変更をやると罫線が崩れてしまうのでは、フレキシブルに対応出来ないので、Excelに置き換えるのは難しいと思ったのである。今後どうするか私としては今のlotus123
をそのまま継承して頂く事がベターと思っているのである。

このようなExcelを皆さん有り難がって使っている。なんて馬鹿らしい!?、と思うのであるが、ビル・ゲーツ会長の
ごり押しで、word、Excelしか日本のPCメーカーがバンドルは出来なくなったのだから、ユーザーにとってとても
不幸な出来事だと思っているのである。

私も日経パソコンに授業料を払い込んでしまった(たいした金額ではないけれど)ので一通り、これが出来れば
一人前のコースだけ完了しようとは思っているのであるが、会社にExcelの採用を提案するつもりは無いのである。
但し、次の方が使いたいと言った場合反対しないのは当然である。

2005.05.15

PCリカバリーソフト

symantec_1
PCリカバリーソフトSymantec LiveState TM Recovery をSONY VAIO RX-52 OS-XPにインストールした。
このソフトは一世代前のものから持ってはいたが、これまで使用したことはなかった。

このソフトも昨年11月にVer.upの製品を買って、そのままお蔵入りになっていたのであるが、今回EndeavorのPCにAcronis True Image 7.0を導入したので、ようやく使用する気になったのである。

このLiveStateの方が、ちょっとわかりずらかった。認証もWebで受けなければならず、戸惑ったのは、購入画面が出てきてそこにインプットしないと認証を受けられない仕組みだが、何かを買う目的でやっているのではないので、
間違えたかと、ここで中止したのである。

最初からやり直しを行ったところ、また同じ画面になったので、最後まで行って見よう、最終的にはキャンセルすれば良いと思っていたところ、金額が\0と表示され、そのまま進んで行って認証がとれたのである。

その後Cドライブのデスク内容をDドライブにコピーしたので、これからリカバリーの際は、これまでのように、数時間も無駄な作業をしなくともいいと一安心です。

ところで起動デスクを作る工程がなかったが、これではDドライブのファイルをどうやって、・・・・と不安になっていたが、今朝もう一度取説を確認したところ、インストールに使ったCD-Rが起動デスクになるとわかり安心しました。

取説ももっと要領よくわかりやすく書いてもらいたいものと思う。ページ数は多いし、文字は小さいので、とても読みこなす気にはなれない、ほんとに必要なところだけ、目次を追ってほんの数ページで済んでいる状態なのである。

2005.05.14

Acronis True Image 7.0

P5132573
PCのCD-ROMドライブが突然破損してしまったが、pickup 保守契約のお蔭で、無償で修理されて戻ってきた。エプソンダイレクトはやはり有り難い。

システムのクラッシュに備えてバックアップ用のHDD160GB・Buffalo製品を買った。Acronis True Image LEがbundleされていたが、しきりにVer.upのメッセージが出るので、乗り換え優待版を購入早速インストールした。

XPの復元もあるからいいと思っていたが、これまで何度もリカバリーまで追い込まれ、その都度アプリケーションソフトのインストールに大変な時間を要したので、今回はリカバリーが発生しても、そのような時間のロスをなくす
つもりなので一安心かと思っているが、一抹の不安は感じる。

2005.05.13

Lotus1.12.3、は使いやすいのに!?

P5132571
Lotus1.12.3、は使いやすいのに、いつの間にかMicrosoftに追いやられてしまった。

私は日経パソコン創刊号からの読者であるが、創刊後間もなく表計算ソフトの特集があった。ボーランド、Microsoft Excel、Lotus1.12.3、マルチプランともう1つあって5社のソフトが評価されていた。
約一月ほど検討して、Lotus1.12.3に決定それ以来使用してきたのである。

冒頭に書いたように、Microsoft、ビルゲーツ会長のごり押しで、日本のPCメーカーが、一太郎も、Lotus1.12.3もバンドル出来なくなってしまって、PCを買ったユーザーは、否応無しに、Excelを使わざるを得なくなったのである。

私は現在71才であるが、まだ仕事を持っている。仕事は全てLotus1.12.3を使って行っているのである。現金出納帳も自作、勘定科目、適用、支払先、それぞれにコードをもうけ、コードを打つことによっていちいち、内容を手打ちしなくともいいのである。

また打ち込んだ内容はそれぞれの科目に自動集計できるので、いつでも現金出納帳のそれぞれの合計金額もわかるのである。

経営管理資料もかなり複雑な表計算もいとも簡単に作ることが出来て、グラフ作成もとても簡単なのである。

給料計算表、時給計算表も各人の支給票も連動で全て自作カットする手間はあるが、お仕着せでないので、フレキシブルに会社の実情にあったものを作成できているのである。

Lotus1.12.3は、セル1個でも、保護、保護解除、大事な表の計算式を壊すことはほとんどないのである。Excelのように、表を作るときに保護、保護しないところを設定しなくともいいので、表は自由自在に作る事が出来後で、保護するところ、解除するところも、セル1個でも可能なので、Lotus1.12.3はとても使いやすいのです。

私もそろそろ引退をしなければと思い、後任の方のためにExcelでやれるようにと、表計算の仕組みは大体わかるので、Excelもある程度わかるけれど、日経パソコンのラーニングを申し込んだのである。

でも、改めてExcelを使って見て、何でこんな使いにくいソフトを使わなければいけないのかと思った次第である。
これは皆さんは慣れの問題と言われるかもわかりませんが、Lotus1.12.3の使いやすさは雲泥の差があると私は思う。

Lotus1.12.3はまず、用紙の設定などしなくともいいのである。プリントもプリントする範囲を決めて、プリンターの用紙を決めれば、その後の2~3の設定で、プリントサイズは自由自在なのである。

何でこんな使いにくいExcelを使わなければいけないのか?!、日経BPももっと目を開いてやって欲しいと思うのだがしょせんword、Excelで育った人たちが担当なさるので、Lotus1.12.3の事は全くご存じないのであろう、時代の流れで致し方ないと思う。Lotus1.12.3の引受会社のIBMでさえ、PC部門を中国に売ってしまう時代だから・・・・・

2005.05.07

Adobe PDF変換ソフトの不具合

Adobe PDF 変換ソフトacrobat 7.0 Elements 昨日カスタマーセンターにFAXをしたが、ゴールデンウィークで連休中か、何の返事もなかった。

今日はヨドバシカメラに行って、経緯を話して、現物を引き取ってもらったのである。店員さんはこちらが用意した
資料を見て即返品に快く応じてくれた。

アドビを信じていたのに全く信じられない結果になってしまった。そのまま印刷するわけでもないのに、なんでソースネクストのように、素直に変換できないのであろうか?、不思議である。

Adobeは PDFの本家本元なので、他からPDFの変換ソフトを出されてしまったので、慌てて発売に踏み切ったようなので、やはりバグがあるのかもわからない。今日はヨドバシさんが返品を快く受けてくれたので本当に嬉しかった。私はもう30年以上もヨドバシカメラのファンなので、この会社のめざましい発展は、やはり信用を大事にすることを徹底しているからと思った次第でした。

アドビPDF変換ソフトの不具合

Adobe acrobat 7.0 Elements 昨日再度インストールOASYS文書、B4用紙サイズの変換を実行したが、どうやっても使いこなすことが出来なかった。

印刷の所で変換を行うのだが、用紙のサイズが合わないとかメッセージが出て、文書作成sizeは当然初期設定通りB4だが、再確認を行い、プリンターもB4サイズに設定、用紙送りも縦位置に設定、しても同じエラーが出て
変換できないのである。

「より確実に、簡単」Adobeのパッケージに書いてあったキャッチフレーズだが、ちっとも簡単ではない!?
このトラブルの過程のハードコピーを8枚カスタマーサービスにFAXしたが、金曜日なのに、ゴールデンウィークで
連休中か何の返事もなかったのである。

ソースネクストの「いきなりPDFは実に軽快であうる。再インストールして、フォントの埋め込み全て行うの
"レ"チェックマークを入れるだけで標準A4サイズ変換が自動設定されて、B4サイズの書類もあっと言う間に
PDF変換され、そのまmail送信も可能なのである。

2005.05.04

ソースネクスト「いきなりPDF」は最高!!

IKINARI
今日、AdobeのPDF作成ソフト「より確実に、簡単に作成」Adobe Acrobat7.0Elementsを買って来たが、全く用をなさなかった。

アドビのサポートを受けてからと思ったが、癪だからAdobe Acrobat7.0Elementsをアンインストールして、
ソースネクストの「いきなりPDF」を再インストール、同じことをやってみたが、こちらはばっちりPDF変換が出来たのである。

「いきなりPDF]の方は最初フォントの埋め込みだけを全てに設定しただけの事で、後の設定は何もしななくとも、いいのである。アドビは何を考えているのであろうか?!。

いきなりPDFはB4の支部報カラー写真入りをいとも簡単に、A4サイズにほんの数秒で変換、メールで送信、PDFで保存、が出来るのである。

「Adobe Acrobat7.0Elementsより確実に簡単に作成」なんてとんでもないキャッチフレーズである。

ソースネクストの「いきなりPDF」はその通りと実感できるのである。

やはり、Adobe Acrobat7.0ElementsをPDFが本家のアドビの製品だからと妄信して買ったのが間違いであった。

「いきなりPDF」はなお、変換の時、またはプリントするときに用紙サイズも変更できるので、非常に使いやすいのである。

今日は本当に馬鹿を見たと反省しきりである。どこかでちくっといっぱいやった(安い飲み代)と思えば悔いはないのであるが、私はAdobeのphotoshopを長いこと使っているフアンであるが故に悔しいのである。

AdobeAcrobat7.0Elements 購入大失敗

adob_pde_7el
この間のウィルスバスターのトラブルの時、ウイルスバスター2005だけでなくソースネクストのいきなりPDFにも原因があるかもと思い、PDF本家のアドビの製品AdobeAcrobat7.0Elements に乗り換えようと考えていた。

富士通OASYS2002 、Japanist2003 を使っているので、ヨドバシカメラの売り場で使用可能かどうか確認して買って来て早速インストールして使用開始しましたが、変換のところまではいくのだが、その後がいけない。

マシンは、エプソンEndeavor7500,CPUはPentium4 2.4G㎐、memory 1G ,OSはWin XP SP2プリンターはエプソンPM-4000PXで条件は満たしていると思うのだが、パッケージに書いてあるように「より確実に簡単に作成」とは行かないのである。

この間プリントの際トラブルが発生したので、ソースネクストが変換の際プリンターを使うのでうまくないのかなあと、考えていたのだがアドビの場合もPDF変換はプリンターの印刷のところを使うので、ソースネクストと同じであったにも関わらず、文書の設定とプリンターの印刷設定が合っていないとエラーメッセージが出てしまうのである。

文書はB4で作成してあるので、プリンターの用紙設定をB4に変更しても、同じメッセージが出るので、プリンターの確認を行うと、いつの間にかA4に戻っているのである。もう、十数回根気良くやって
も、ドウドウ巡りでやめてしまった。今週はアドビのサポートは駄目なので、来週以降に電話しようと思うのだが、どうも発売したばかりでバグがあるのではと思っている次第です。

ソースネクストは、「いきなりPDF」の名の如く、インストール後全く何のトラブルもなく直ぐ使用できた。
B4で作ったあるクラブの支部報カラー写真入りもスムーズにA4に変換できてその儘メールで転送も、PDFの保存も、プリントの用紙を選択する事も可能だったのに、この間のウィルスバスターのトバッチリで、使用に不安を覚えたのがきっかけだったが、どうも飛んだ失敗をしてしまったと反省している。

ソースネクストの製品は安かろう、悪かろうと邪推していたが、私の見当違いであった。5000円強ムダ銭を
使ったことになるかもわからないが、来週アドビに電話をして、その結果またソースネクストの「いきなりPDF」を
使うことになるかもと思っている次第です。

« April 2005 | Main | July 2005 »