August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« May 2008 | Main | July 2008 »

2008.06.21

デュアルブート その後

XP とVitaのデュアルブートのリカバリーを実行したが、後がまた大変なのである。

vistaのアップデートから始まり、各アプリソフトもインストールしたままでは正常に動作しないのである。

これがあるから、リカバリーはやりたくないのである。

幸い、本体のHDDにはデータをほとんど保存していないので、いつクラッシュしてもいいようにしてあるので、

簡単にリカバリーを実行できるのである。

でも、正直のところ、もうリカバリーはたくさん!! といった心境なのである。

2008.06.17

XP home、Vista home リカバリー

あるソフトをXPとvistaでどっちが早いのか試して見たくて、vistaのパソコンに、XPをインストールした。
案の定、vistaは起動しなくなってしまった。

vista boot proをダウンロードすれば、この問題は解決すると、あるメーリングリストにあったので、ダウンロード
解凍したが、バージョンが3.3になっていたので、その説明とは全く違い、横文字に弱いため危険を侵し、両方とも
駄目になってはと手も足も出なかったのである。

XPの方で使ったほうが早いと思っていたソフトが、そうではなかった。vistaの方がソフトの起動が断然早いと
分かったが、起動方法が解決せず、vistaのドライブからvistaのファイルを一部削除してvistaを再インストールした。

これで、デュアルブートになった。今日は一日中このリカバリーの作業であった。いずれもまだ完了というわけではないので、
ソフトが必要な時にインストールすることにしたのである。

このように、簡単にリカバリーを実行できるのはPC本体のHDDには、データを保存しないからできるのである。

そして、これまでアカウントを有効にすると起動しなかったソフトも今回vistaのリカバリーの際一番先にインストール
したところこれも解決できたのであった。vistaRC1の時からの懸案がようやく解消したのであった。

2008.06.13

イオンに行ってきた

青梅の吹き上げ公園の花菖蒲を見に行ったが、途中で連れが疲れた、体の調子が悪いと言い出したので、
引き返す事になった。行きは滝山街道を通ったが、これが間違いの元だったのである。

我が家から青梅に行くには五日市経由のほうがベターだったのであるが、これをすっかり忘れていたのである。
現役のころ散々通った道なのである。

途中で偶然今話題のイオンが見えたので寄ってみる事にしたのである。平日とあって駐車場もガラガラ、したがって店内もガラガラであった。

ちょうどお昼時なので、中華料理店に入って4種類ほど料理を頼んで食べたが、いずれも美味しくなかった。
もう、二度と此のお店には入りたくないと思った。

食後、店内を見て歩いたが、開店当時、新聞その他ヤマスコミで騒がれたような脅威のある商業施設とは思えなかった。故にリピーターにはなれないなあと思った。二度と来て見たいとは思えなかった。何でこのお店ガいいの
だろうか?・・・・

2008.06.10

今夜はとうとう酒(焼酎)をのんじゃった

約 1カ月程お酒(焼酎)を絶ってっていた。何故!、自分がアルコール依存者ではない事を証明するためであった。

今日は後期高齢者(不愉快な名称!?) 最後の市の健康診断を受けて来たので、そのお祝いに酒(焼酎)を

きこしめしたのである。この間約 1カ月の禁酒であったが、さして美味いという事ではなかった。

酔うほど飲まないので、酔心地はなんとも不明なのである。

何で75才を線引きにして後期高齢者などと、不快な名称をつけたのであろうか?

今日この医院でお会いした患者さんが、仰っていた74才と75才にどれだけの違いがあるのだろうか?

この線引きに疑問を生じるのである。

2008.06.03

酒は惰性で飲んでいた!!

5月の6日より晩酌をやめて約 1カ月になるが、酒を飲まなくとも苦しくないのだから、やはり惰性で飲んでいた

ようだ。

もうすぐ後期高齢者と呼ばれる年代になるので、市の無料の基本検診を受けるのに、酒をやめて、γGOTの数値

がどれくらい変わるか楽しみなのである。

酒、焼酎が主だったが、やめてもちっとも体重は減らないのである。

不二製油からメタボと診断されると、今度は凄い指導を受けることになるとパンフが来たが、無理に体重を落とす

ことも無いと思うのである。

« May 2008 | Main | July 2008 »