November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« Windows 7 home premium 64bit | Main | 電波時計が狂ってしまった »

2011.03.23

Windows 98 BIOS 用リチューム電池交換で蘇った。

Windows 98 BIOS 用リチューム電池交換で蘇った。

一昨日、長男が富士通製、98シリーズPCを一式持って来た。全く起動しなくなったので処分に当たり画像のデータを取り込んで欲しいとのことであった。

以前から起動せず使用不可になったと聞いていたので、多分BIOS用リチューム電池を交換すれば大丈夫と当たりをつけておいたので、電池を用意して待っていたのである。

予想通り、電池を交換して電源を入れたら起動したので、BIOSをデフォルトに戻して万事OKであったが、CD-RはROMだけ、外付けCD-R/DVDは2台あるけれど、98シリーズには対応できず、フロッピーでは画像が3枚しか入らないので弱ったなあと、思いながら取説をみたら流石富士通、SCSI 接続の外付けMO が使用可能とあった。

ちょっと不安ではあったが、XP マシンに使っている、SCSI カードを取り付け、MOを接続したところバッチリ動作
してデータを全て取り込むことが出来たのであった。

SCSIとMOは元のXPに戻した。98シリーズのこのマシン、内部もきれいで、液晶モニターも1999年10月製造とあるが、まだまだ使用可能のようである。

« Windows 7 home premium 64bit | Main | 電波時計が狂ってしまった »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« Windows 7 home premium 64bit | Main | 電波時計が狂ってしまった »