October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« August 2011 | Main | October 2011 »

2011.09.20

PCの修復、完全復元!

PCの修復、完全復元! できた。

全くひどい状況だったが、エプソンダイレクトの女性サポーターさんのお蔭で、修理に出さずに修復できたので
本当に良かった。

vistaから、Windows 7 64ビットにアップ、さらにProfessional にしたのに、修理にだすとvistaになって戻ってくるので本音は修理に出したくなかったのである。

サポーターさんのヒントを元に修復を試み、一旦修理を依頼し引取の日と時間をきめたのに数回にわたって、キャンセルと、再度修理をお願いしてご迷惑をおかけして申し訳なく思っている。

今回は、お蔭様で修復の仕方を勉強させて頂きありがとうございました。感謝! 感謝!

2011.09.19

Windows 7 Professionalのバックアップ

昨日はひどい目にあってしまった。ソースネクストのメールで、クィックイメージというバックアップソフトと、1TBの
外つけHDDのセットで9,980円に引かれて買ってしまった。

16日の午後宅配で着いたので、早速インストールしたが、どうもPCの起動がおかしくなってしまった。
そして、最終的には起動できなくなってしまったのである。起動しなくなった時はブート機能があるとあったが、全く機能せず、エプソンに修理に出すことにしたのである。

エプソンの女性サポーターの方が、すべての接続してあるものを取り外して、本体が冷えたころ、今度は、電源、モニター、キーボード、マウスの 4ツだけ接続して、電源を入れ、デリートキーをとんとんと連続的に叩く(押す)と
いう操作を指示されたが、BIOSの画面を出すためと思ったが、何の反応もなかったので、修理の依頼をしたのであった。

その後、再度電源を入れたら、「スタートアップ修復」が起動したので、実行したところ起動するようになった。
一旦電源をきり、すべての周辺機器を接続電源を入れたところ、また「スタートアップ修復」が起動したので、実行した。

この動作を数回実行したところ、最後に「自動実行修復不可」のメッセージが出て、最近入れたソフトをを削除して再起動しなさいと出たので、ソースネクストで買ったクイックイメージをアンインストールを実行したが、うまくいかず、復元を(14日)に設定して実行した。

これでも、まだ不具合があるので、BIOSをデフォルトに戻し、ようやく修復に成功したのであった。

昨日はエプソンのカスタマーに2回も修理のキャンセルと、再依頼をしたので、ちょっとキャンセルの電話をかけにく
かった、今朝また修理のキャンセルをお願いしたのであった。電話応対の女性サポーターさんは気持ちよく応諾して下さったのでよかった。

これが、ソフトの相性というものなのだろうか?・・・・・・・

2011.09.18

OLYMPUS Studio-2(Viewer-2) Berry Good

Himawari


OLYMPUS Studio-2(Viewer-2) Berry Good

何が、Berry Goodなのかといいますと?
流石の Photoshop CS5 にも無い、動画から静止画を切り取る機能があるのです。

先日、ダンパーティの撮影を頼まれ、オリンパスE-5と XZ-1の動画撮影機能を使って見たが、これがいいですね!
音もきれいに入るし、画像もハイビジョンで録画可能だから素晴らしいと思った。

ダンスパーティの撮影は初めてだったが、光量不足と動きが早いので苦労した。
今回載せてある写真は、プライバシー保護のためぼかしてあります。

2011.09.05

鼠径ヘルニア

7月21日に気がついたのであるが、股の付け根の左側がぷくっと 膨らんでいるのである。

押すと凹むのと、恥ずかしいので病院に行く気持ちになれず、20日ほど立ってしまった。インターネットで調べると
鼠径ヘルニアつまり脱腸と分かった。

一番怖いのは、カントンヘルニア出た腸が元に戻らず、腐って破裂してしまうと命取りになることが分かり、恐ろしくなり8月10日病院に行った。

先生は一目見て、鼠径ヘルニアつまり脱腸と診断、これを直す方法は手術しか無いと仰った。それなら手術は早い方が良いとお願いした。

全身麻酔をかけるのでと、手術前の検査日を指定入念な検査を行って、8月 30日入院、31日手術と相成ったのである。

医術の進歩は凄いと思った。31日の午後1時30分~3時ころまで手術、ベットに戻った。この夜は本当に苦しかった。おしっこは管を通して排泄で、絶対安静であった。

翌日 9月 1日 おしっこの管を外して、ようやくトイレに行くことができるようになった。

先生の巡回検診があったが、このとき「歩け、歩け」と指示されたので驚いた!! もう傷口は?・・・・
恐そる、恐そるベットから起床歩いてみた。起きるときは流石に痛かったので、痛め止めの薬をいただいた。

そして、手術後、3日目で退院となり 3日の午前中に退院したのである。

« August 2011 | Main | October 2011 »